サローネ・ヴィーヴォ・ホール
名古屋市天白区/音楽・講演・作品展示会他多目的ホール



外観(サローネ・ヴィーヴォ・ホールは向かって左側が入口)


【ヴィーヴォ・ホールのご紹介】

2010年11月、名古屋市天白区に誕生したSalone Vivo(サローネ・ヴィーヴォ)に併設のヴィーヴォ・ホールは、音楽を中心とした多目的ホールで、ピアノ発表会はもちろん、小編成の室内楽から小バンドによるジャズ・シャンソン等のライブに最適で、音楽以外の講演会・作品発表会等にも利用頂けます。

ホールは音響を重視して天井・床・壁面すべてが音響設計であり、特にアコースティックの楽器の演奏に評価を頂いています。そして、1〜2階吹き抜けの解放感にあふれたホールは、音楽関係者をはじめとして多くの利用者様から好評を頂いています。

ピアノは ヤマハグランドピアノ C6classXA が常設されており、ライブ関係の音響システムに [BOSE L1 model I system+B1ベースモジュール+T1 Tonematch audio engine]セットを計2セット用意しています。舞台も20cm高くしており、演奏者が客席から観やすくなっています。舞台への出入りは2階の花道からステージに直接登壇することができ、スポットライトも9灯設置されて演奏会を華やかに演出できます。
 
【ヴィーヴォ・ホール所在地】

【ヴィーヴォ・ホール】

面積:87.11u (26.4坪)
客席:90席
1〜2階 吹き抜け

ステージとグランド ピアノ YAMAHA C6classXA










BOSE L1 model I system+B1ベースモジュール+T1 Tonematch audio engine セット



ホール客席(イス50席の例。90席まで設置できます)



2階からステージへの花道



エントランス・ホール



1階ロビー


1階ロビー



1階ロビーからの景色(中庭)



2階ロビー


2階更衣室